東大阪市で肩こりの女性専門・ちびっこ専門といえば、はりとお灸 ひなた!

お問い合わせはこちら 0729628911
ご予約・お問い合わせはこちら 0729628911
  • ネットご予約はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

※ご予約はネット予約で受け付けております。

INFOMATION
受付時間
AM10:00~PM4:00
営業日
火・水・金・土

〒578-0948 大阪府東大阪市菱屋東1-10-6[MAP]

近鉄奈良線 若江岩田駅・河内花園駅から徒歩7分

blog

「ザ・男子」の育て方。多分低学年辺りから始めたらいいのでは?我流だけど効果はあります。

2018.05.03

髪を切りました!

 

しばらくスーパーサイヤ人を目指して

伸ばしていたいとじろう君です(笑)

「切る?」

と聞くと前は、いや!と言っていましたが

今回は「切る!!」と言ったので(*´∀`*)

 

 

でも、やっぱりあんまり短いのはなぁと

勝手に私の判断で長めのショートです(笑)

 

 

【褒めるだけ子育ての弊害】

 

と言っても、私がうまく子育てできているわけではありませんよ(; ^ω^)

だから、ふーん、程度に読んでください(笑)

 

 

私が一つ大事にしているのは

「信賞必罰」

 

 

グーグルさんにお聞きしたら、

賞罰を厳格に行うこと。

賞すべき功績のあるものには必ず賞を与え、

罪を犯し、罰すべきものは必ず罰するという意味。

 

 

だそう!!

怖い〜〜!!

きつくいうとこの熟語ですが、

私的には

 

 

良いことをしたら自分に良いことが帰ってきて、

悪いことをしたら自分に悪いことが帰ってくる。

 

 

 

って感じを子供にいつも伝えています。

賞罰はあまり子育てに使わない方がいいとは聞きます。

でも、やっぱりちょっとした賞って嬉しいですよね。

 

 

 

うちは、やることリストを作って

その結果でこずかいの額を変えています。

これをしてから、「怒る」というより

私が叱る基準が子供にもわかりやすくなり、

とっても「ザ・男子」が扱いやすくなりました(笑)

 

 

 

 

やることをやらなかったら

自分のこずかいが減るんやで。って。

やることをした上でなら、

自由に遊んでいいよ!って感じです。

子供が理由もわからずに怒鳴られるというは

私も父がそういう感じだったので

できたら避けたいことです。

 

 

 

 

賞罰はあまりよくはないのかもしれませんが、

みんなや自分の少し先の生活を考えて行動しなかったら、

叱られた!っていう反省は1ミリくらいはできている感じです(,,・`o´・)

 

 

 

信賞必罰もやることリストも

息子が小学生になって、これからどうやってこの

「ザ・男子」をうまくコントロールしていこうか。。

と考えていた時に出会ったんです。

 

 

 

多分、女の子だったり

賢い男子ならこんなことしなくても

自分から色々理解してやって行くとは思います。

 

 

 

でも、うちの長男は違います(笑)

「ザ・男子」なんです。

 

 

 

何も考えてない。

突っ走る。

周り全然見えていない。

自分が世界の中心。

周りの人、全部親戚。

時々狂う。

カバンの底にいつかのプリントがグシャってる。。

 

 

 

 

なんです(笑)

多分この特徴は大きな可能性を秘めているのはわかるんです。

でも、可能性を残したまま

普通の生活もちゃんとできるような人になるには

どうしたらいいかを考えた結果、

今の感じに落ち着いています。

 

 

 

 

私は自分からなんでもやっていたので

ほとんどいうか

全然勉強しろとか

進路どうするんやとか言われたことがありません。

 

 

 

 

きっと言われる前に

自分でどんどんやっていっていたんだと思います。

危機を感じて先々動くことが多分得意なんです(笑)

それを、高校生くらいにはもうかなりやっていました。

 

 

 

【しかも親が楽。】

男の子の親で舌を巻かずにいられる人がいるのか?!

と私は疑いたくなるのですが、

やっぱりそういう方は世の中にいるようで。

 

 

 

で、ある時怒られずに褒められてだけ育った子が

大人になったらどうなるか、

という文章を読んで

「おーーー!私は間違ってなかったかも。」

と思いました。

 

 

 

でも怒る方もしんどいんですよね。

この男子の話題で、最近2人の方とお話しして

二人とも関係ない方々ですが、同じことを言っていました。

 

 

 

「怒る体力がなくて、つい自分が全部やってしまってた。」

「そのせいか、何にもできない男子になってしまってる。」

 

 

 

 

これを聞いて、

あー、そうだよな。

体が悪いと怒るのさえしんどくて、

もう自分でやっちゃうよなって。

 

 

 

この辺りがやっぱり30代、40代の体をなんとかしてあげたいな

と鍼灸師としてとっても思いました。

何をおいてもまず、カラダ。

この基礎がないと何をしても楽しくないし

子育てだって本気で子供と向かい合うことも難しくなりますね。

 

 

 

 

怒るのはあまりしなくていいかもしれませんが、

私は自分のやることを、怒ることも含めて

減らすためにあえて、賞罰を使っています(笑)

 

 

 

 

ちなみに、今リストになっているのは、

 

・あいうべ体操(歯列矯正の口の体操)

・食器を食べたら持って行く

・歯列矯正装具を30分入れる

・片付け

・ドリルやる

・口を閉じる

・お手伝い

・漫画1時間

・とじろーくんする(これも矯正の体操)

・9時30分までに寝る

 

 

 

当たり前のようにできるようになったら

あえて、なかなかできていないことを

リストに入れ時々変更しています。

キビシーーー(笑)

 

☆*:。. はり・アロマのお店 ひなた .。:*☆ 東大阪 鍼灸

女性・ちびっこ専門サイト http://hinata-hari.jp

妊活専門サイト http://hinata-huninn.jp

東洋医学で見るカラダのはなし発信中!

  • はり・アロマのお店ひなた オフィシャルフェイスブックページ
  • はり・アロマのお店ひなた オフィシャルツイッター
  • はり・アロマのお店ひなた オフィシャルインスタグラム
pagetop