東大阪市で肩こりの女性専門・ちびっこ専門といえば、はりとお灸 ひなた!

お問い合わせはこちら 0729628911
ご予約・お問い合わせはこちら 0729628911
  • ネットご予約はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

※ご予約はネット予約で受け付けております。

INFOMATION
受付時間
AM10:00~PM4:00
営業日
火・水・金・土

〒578-0948 大阪府東大阪市菱屋東1-10-6[MAP]

近鉄奈良線 若江岩田駅・河内花園駅から徒歩7分

blog

花粉症と風邪の体の違い

2020.02.13

そろそろ花粉症の方の、

「なんかおかしい。なんか飛んでる」

の言葉を聞く時期になりました(笑)

 

 

 

花粉症と風邪って症状は似ていますよね。

鼻水なんか。

目が痒いのは違いますが(笑)

喉が痛いとか咳が出るも花粉症にありますね。

 

 

 

 

 

私が花粉症ではないので実感があるわけではないのですが、

来てくださっている方は

ご自分が風邪か花粉かわからないとおっしゃることもよくあるんです。

 

 

 

 

 

 

でも、風邪と花粉症のお体の状態は結構違います。

風邪の場合は、体力がかなり落ちた状態のお体をしています。

花粉の場合は、鼻水が出ていても体力がない体ではないです。

なので結構区別がつきやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

体の違いがあるということは、成り立ちにも違いがあるということですね。

風邪はやはり無理をして体力が落ちたりするとなりやすいですが、

ひどい花粉症はその反対のいつも興奮状態にある状態の体に多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

興奮といっても、見た目「フガフガっ!!」と

いつも怒っているような人ではありません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

頭の中がいつもぐるぐる回っている人が興奮している感じかもしれませんね。

脈もきつくて、早かったりします。

花粉のせいでこうなっているとも言えますが、

鍼をしていると少しづつマシになる方も多いので

全て花粉が悪いと言えないのでは、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症になるのは、IgE細胞が。。炎症反応が。。と言われますが、

そもそも炎症反応は花粉が起こしているわけではないです。

体自身が「これは炎症を起こさないとアカン!」と判断して

炎症のような症状を起こします。

 

 

 

 

 

 

 

カンタンな話で、炎症を起こさなくても大丈夫と判断してくれるようにしてあげれば

反応は弱くなり、花粉症もマシになります。

現代人に花粉症が増えたのは、花粉が増えたからではないような気がします。

ストレスが多く、体の反応の狂いが生じていることが原因ではないかと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

また、免疫の話では

もっと子供達が汚れることが必要だとも言われています。

確かにそうですよね。

下に落ちたもの、食べないですよね(笑)

外から帰ったら、必ず手を洗って!と言われます。

 

 

 

 

 

 

 

大昔から培った体の免疫が仕事をさせてもらえなくて

うずうずしている。

だから、少しでも体から出したいものがあると

それ来た!!とすごく喜んで反応する。

ほんとまさしくそうだなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの子供達は産んですぐからその辺を意識して汚くしてきました。

哺乳瓶は消毒しない。

ハイハイで手に猫毛がついても払うだけ。

他人に意識的に触ってもらう。

帰っても手は洗わない。

風呂も毎日入らず、石鹸などは使わない。

 

本当はもっと汚くしたいのですが、

虐待扱いされますしね、今は。。

 

 

 

 

 

 

 

意識的に免疫にしっかり働いてもらうようにしたら

アレルギーを起こす暇はないのかもしれません。

 

☆*:。. はり・アロマのお店 ひなた .。:*☆ 東大阪 鍼灸

女性・ちびっこ専門サイト http://hinata-hari.jp

妊活専門サイト http://hinata-huninn.jp

東洋医学で見るカラダのはなし発信中!

  • はり・アロマのお店ひなた オフィシャルフェイスブックページ
  • はり・アロマのお店ひなた オフィシャルツイッター
  • はり・アロマのお店ひなた オフィシャルインスタグラム
pagetop