東大阪市で肩こりの女性専門・ちびっこ専門といえば、はり・アロマのお店 ひなた鍼灸院!

お問い合わせはこちら 0729628911
ご予約・お問い合わせはこちら 0729628911
  • ネットご予約はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

※ご予約はネット予約で受け付けております。

INFOMATION
受付時間
AM10:00~PM4:00
営業日
火・水・金・土

〒578-0948 大阪府東大阪市菱屋東1-10-6[MAP]

近鉄奈良線 若江岩田駅・河内花園駅から徒歩7分

blog

子供がアトピーかも・・のお母さんへ。

2015.06.08

いつもご覧いただきありがとうございます^ – ^

ひなたの西畑です!

 

昨日は日曜日で、

勉強のセミナーに行って来ました。

 

そこで、

ドラマのような偶然の出会いがありました笑

 

HPを作ったりされているお仕事をされている方なのですが、

お子様の顔に湿疹ができて、

アトピーかもしれないと調べられたそうです。

 

その時にたまたま、

ひなたのアトピーと脱ステについてのブログをご覧になり、

そこに書いてあった堺で有名な

アトピー治療の佐藤先生にご連絡をとったそうです。

 

 

名刺交換をした時に、

私の名刺を見て「あ、見たことがある!!」

とおっしゃられて、この偶然の出会いが生まれました笑

 

 

佐藤先生の本もご覧になり

脱ステとステロイドの害を知られたそうです。

 

佐藤先生の診察は2ヶ月待ちになると言われたそうで、

行けなかったそうですが、

ステロイドをまず塗る前に

脱ステのことを知っていただけただけでも

ブログを書いて良かったな、と私は本当にうれしいです!

 

 

その方は、

私が閉じてしまったアトピー専門サイトもご覧になっていたそうで、

「なんで閉めたんですか!?、必要としている人がいるのに!!」

と言っていただけました。

 

もしかしたら、

この方に新たに子どものアトピー専門のHPを作ってもらうかもしれません^ ^

 

 

自分の子どもの湿疹を体験して、

子どものために勉強して、

脱ステや保湿剤の害を知ってくださっているので、

パソコン素人の私が作るよりとってもいいHPができそうです!!笑

 

 

子ども専門のアトピーを鍼灸でしているところって

ほとんどないですよね。

 

小児はり自体やっているところも少なく、

このお店でも探してやってきました、と

遠いところからもお越しになられます。

 

 

子どものはり治療はむずかしく、

またアトピーとなると、東洋医学的な診断や治療ができないと

さらに難しいです。

 

私の夢は、

第一子の妊娠の時に、

保湿剤がよくないこと、

ステロイドがよくないことをまず知ってもらうことです。

 

 

塗ってしまってからだと

すでに遅いことがあります。

 

脱ステが悲惨で結局無理だった・・・

となるなら、初めに

「何かを子どもに塗る」

ということ自体をやめるよう

知ってもらいたい。

 

 

アトピー治療に

何も塗らない選択肢もあるんだよと

知ってもらいたいんです。

 

 

だから、うちの子どももアトピーがありますが、

保湿剤なんかや、ステロイドなんてもちろん一度も塗っていません。

(私も化粧水もクリームもなにも塗っていません。)

経過は、少しづつアトピーの場所が減って、

減ったところはアトピーがあったとは思えないくらい綺麗になっています。

 

 

痒いことって、

本当にダメなことですか??

 

痒みって、

本当に抑えないといけないことですか?

 

 

それが、姪っ子と自分の子どものアトピーで体験して

一番感じていることです。

 

 

皮膚が痒いのは、痒くないと治らないから痒いんです。

人間の体の反応を信じてください。

掻かせといて大丈夫です。

ぐちゃぐちゃでも皮膚はすぐに治ります。

 

 

感染だって、ステロイドや保湿剤を塗っていなければ、

お薬を小さい時から毎日飲んだりしていなければ、

本当は起こりにくいものです。

 

特にアトピーの皮膚はとっても治りが早いです。

傷が治る時って痒いですよね。

 

治っては、皮膚が壊れて、をしょっちゅう繰り返しているから痒いんです。

それがなんでかは西洋医学ではわからないそうですが、

アトピーの原因なんて本当は知ってもしょうがないですよね。

 

知ったって、なにもしなくても改善します。

製薬会社の言いなりなんて、やめましょう。

 

 

 

痒がってる子どもを見るのは親がつらい、

夜子どもが痒くて寝られないから、親がつらい、

誰のために痒みを止めたいんですか?

 

掻いている子どもに注意をする前に

もう少し、ゆっくり子どもの体を見てあげてください。

今の痒みをとめるメリットは本当にその子自身のためですか。

 

 

今の痒みを止めるために

将来の体の健康を見捨てることはしないで欲しいです。

 

妊婦雑誌や、子育て雑誌には保湿剤の宣伝があふれています。

でも、これは宣伝です。

 

もちろん、このブログも小児はりを知ってもらうための宣伝です。

 

宣伝なので、

ぜひ鵜呑みにせず、一度疑って、考えてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆*:。. はり・アロマのお店 ひなた .。:*☆ 東大阪 鍼灸

女性・ちびっこ専門サイト http://hinata-hari.jp

妊活専門サイト http://hinata-huninn.jp

東洋医学で見るカラダのはなし発信中!

  • はり・アロマのお店ひなた オフィシャルフェイスブックページ
  • はり・アロマのお店ひなた オフィシャルツイッター
  • はり・アロマのお店ひなた オフィシャルインスタグラム
pagetop