東大阪市で肩こりの女性専門・ちびっこ専門といえば、はり・アロマのお店 ひなた鍼灸院!

お問い合わせはこちら 0729628911
ご予約・お問い合わせはこちら 0729628911
  • ネットご予約はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

※ご予約はネット予約で受け付けております。

INFOMATION
受付時間
AM10:00~PM4:00
営業日
火・水・金・土

〒578-0948 大阪府東大阪市菱屋東1-10-6[MAP]

近鉄奈良線 若江岩田駅・河内花園駅から徒歩7分

腰がだるい

 

腰が「痛い」方は男性に多いです。 動くと痛いとか、長くあるけないなど。110993

 

でも女性には腰が「だるい」方が多いです。 下半身のなんとも言えないだるさを伴っていることも。。

こういう方は、運動やヨガなどをしても改善しません。 それで治る段階は過ぎているのです。

 

簡単にいうと、体のエネルギー不足でおこります。

ひなたの刺さない鍼は、この不足を補うのにとってもいいんです。

刺す鍼や、マッサージや整体ではこのだるい腰痛は 劇的には改善しません。

 

運動がいいと言われたからやってみても、

まったく変わらず、むしろ悪くなったという方。

ひなたの刺さないをぜひおためしください!!

 

逆子

 

逆子は鍼灸ですぐに治ることがほとんどです!

当店では、1〜2回で治った方が9割を超えています。

それくらいよく効くんです^ – ^

                         116930

自覚はなくても、不摂生などをして冷えがあったり、

ストレスがお母さんにあると

赤ちゃんが頭の位置をどこに持っていったらいいかわからなくなります。

それを、

「こっちだよ〜」

と教えてあげるツボを使います。

 

さらに、大きくなった赤ちゃんがもう一回元に戻らないように、

体全体の冷えやいろいろなたまったものを調整する治療を行います。

 

「お腹を切ってしまえばいいよね。」

「痛くもないだろうし、、」

と思われるかもしれませんが、

東洋医学的には大怪我をしたことになり、

体に流れている経絡(ツボとツボをつなぐ線)を切ってしまうことになります。

 

ですので、年齢がたってから膝などに痛みがでたりするので、

できるだけお腹は切らない方がいいですよ。

迷われているなら、すぐに決断しましょう!

逆子ちゃんはドンドン大きくなり、待ってくれません!

 

 

膀胱炎

中年の女性に多いです。菌の感染が原因とされています。

しかし、菌は誰の体にもあります。

この弱い菌にも負けてしまう「体の不調」が問題です。

 

薬で治っても何回もなってしまうのは、

この不調をまったく改善せずにいるからです。

 

この不調に多いのは、「むくみ」です。

⚫️色が白くて

⚫️ぽちゃぽちゃした体型で

⚫️お肌がしっとり薄い方に

 

膀胱炎が多いです。

こういう方はずっとむくんでいて、めまいなどもよく起こることもあります。

 

水分の代謝をささないはりですぐに改善できます。

2〜3ヶ月で改善しますよ^ – ^

 

 

こどものアトピー

112549

生まれてすぐからのお子様や、

生まれて数年でアトピーが出てくるお子様もいらっしゃいます。

 

当店では、どの子にもステロイドや保湿剤をお勧めしません。

アトピーの鍼灸治療をしているとうたいながら、

「ステロイドなどでしっかり管理しましょう。」

といっている鍼灸院もありますが。。

 

ひなたでは、ステロイドの害をできるだけ小さい時から防ぐために

ステロイドがなぜ早く炎症を止めてしまうのかや、

そのほか副作用や

ステロイドを使っても治らないことなどをご説明させていただきます。

 

そして、お子様もしっかり東洋医学的に診断し、

なぜ今、アトピーが出てしまっているのかを

わかりやすくご説明します。

 

 

⚫️お子様の症状をどうにかしてあげたい・・・

⚫️痒がって私も夜寝られない・・・

⚫️人から「どうしたの?病院に行ってないの?」など毎回聞かれる・・・

 

など、お子様ではなく、

本当はお母さんが辛いんですよね。

                          112571r

でも、「かゆい」ということは、常に治っているからかゆいんです。

「かゆみ」を全部悪者にしてしまっている今の医療の問題も大きいです。

 

アトピーの皮膚は、かきまくって血だらけになっても治っていきます。

なのに、今、この瞬間のかゆみや

血だらけの姿を見たくないだけで、

手っ取り早い「ステロイド」というホルモン剤や

ステロイドよりも依存性の高い「保湿剤」をお子様にぬりますか?

 

そのせいで、一生この皮膚の状態がづつくかもしれないんです。

 

お腹の中にお子様がいた時は、

少しの薬にも気をつけていましたよね?

それが、生まれた途端どんなお薬も大丈夫なんてことにはなりません。

しかも、まだまだお腹の中にいた時とかわらないくらい、

急激に成長しているんです。

お医者さんの言われるままではなく、

副作用のことにも、しっかり目を向けましょう。

 

皮膚はゆっくりしか治りません!焦らないで、お母さん。

               109209

お母さんが辛い気持ちもわかります。

しかし、まずはお子様の生活や、食事を見直して、

さらに鍼灸で少しづつ肌がキレイになることがわかれば、

自信をもって「うちの子はアトピーやねん^ – ^」

と周りに言えるようになります!!

112384

そのためのアドバイスはしっかりさせていただきます!

 

毎日薬を塗って、飲ませて・・・

ってしなくてもいい生活って、とってもよくないですか?

肌を痒いている姿を、自信をもって見守もれるようになりますよ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

大人のアトピーの方はすでにステロイド依存の方がほとんどですので、

病院で脱ステの管理をしないといけないことがあります。

 

そうならないために、小さいお子様のうちに

ステロイドを使わない治療があることを

知ってもらうためにひなたの小児はりは存在すると思っています。

 

 

pagetop